TopWhat'sNewLinkSiteMapMail1999年INDEX2000年の同じデータへ
logos
1999年天皇杯 サポーターによる採点 2回戦
1999年 INDEXページ
Consadole通信簿 INDEXページ
Consadole通信簿 集計方法ページ
2回戦 10/31(日) 対マインドハウスTC(室蘭) 3-0○ 採点者数=6(メイン=0 バック=3 札幌G裏=1 相手G裏=0 TV=2)
背番号 1 2 14 27 15 8 23 17 10 13 26 25 22 11  
ポジ
ション
GK DF DF DF DF MF MF MF MF FW FW MF MF FW 監督
名前 佐藤 田渕 古川 井手口 村田 ビジュ 佐賀 村主 アシス 深川 桜井 岡田 池内 岡田
出場  
平均 6.13 6.13 5.75 6.50 5.88 6.75 5.38 5.50 6.75 5.63 5.38 6.00 6.13 7.63 6.13
最高 6.5 6.5 6.0 7.5 7.0 7.5 6.0 5.5 9.5 6.0 6.0 6.0 6.5 10.0 9.0
最低 5.5 5.5 5.5 6.0 5.5 6.0 5.0 5.5 5.5 5.5 5.0 6.0 5.5 6.5 5.0
寄せ
られた
コメント
から
前半の無得点はドリブラー不在を象徴していた。
守備を固めていたとはいえ、アマチュア相手にあれでは来期も厳しい。
雪の中、ビジュが犬のように走りまわっていたのが印象的だった。関をチームに残して来期はビジュを中心に「走るチーム」を作り上げるべきだ。
洋平は寒い中見せ場がなく退屈そうだった
前半は先発の佐賀、桜井の動きの悪さ、井手口と他の選手とのコンビネーションの悪さなど、悪い点ばかり目立った。
後半はアシスのフリーキックの得点を機に少し良くはなっていったが、来週の福岡戦に不安を残した。
関選手のお別れセレモニー(!)には涙。戦力内通知を望む。
パスにせよシュートにせよ、ボールを受けてからの判断のスピードが遅い上に狙いが正直すぎて、簡単に相手に読まれていた。もっと判断を速くして相手の意表をついたプレーをしないと。
関選手、1年間本当にありがとうございました、新天地がどこかは分かりませんががんばってください。今回の採点は感謝の気持ちをこめました。
こういう試合はどう評価していいか分からない。勝ったからいいけど、フォワードの動きがいまいち。ミッドフィルダーの動きがいまいち。とにかくボールをもらった瞬間の判断が遅いのでいいプレーもあまりいいプレーに見えない。ボールがスムーズに回らないのがつまらない。
関は得点決められて良かったと言うことでサービス点。
関、アシス、岡田と来年いない選手の頑張りばかりが印象に残りました。
2点目を泥臭く決めた関選手、ヒーローインタビュー終了後、バックスタンドに来てくれました。目を潤ませながらサポーターひとりひとりに「ありがとうございました!」と握手をしてくれました。なんでこんな良い選手がクビになるの?まだ27歳なのに。
※○…先発フル出場 ▽…先発途中交代 ▲…途中出場 ◆…途中出場途中交代 CS…警告2による退場 S…退場
UpTopWhat'sNewLinkMapMail1999年INDEX2000年の同じデータへ